ブログ

レントゲンで写らない腰痛症

投稿日|2017.12.11

腰が痛くなり整形外科(病院)にてレントゲンをまず撮られる方も多いと

思いますが、必ずレントゲンに写るわけではありません。

レントゲンに写らない代表的な腰痛して筋・筋膜性腰痛症と呼ばれる

疾患があります。

 

 

   この筋・筋膜性腰痛症は筋肉や筋膜といった組織にIMG_2668

   負荷が加わり炎症を生じて痛みが出る腰痛です。

 

 

 

こういった筋肉や筋膜に起用する腰痛はレントゲン(X線)では明らかな

異常が出ません。

この筋・筋膜性腰痛症は普段運動をあまりしていない人が、重たいもの

を持ったり、ゴルフなど腰を捻るスポーツを急にしたり、長時間同じ姿勢

でいると起こります。

 

症状としては脊骨の際辺りに強い痛みがあり、筋肉が硬くなるのが特徴で、

寝返りや急な動きをすると痛みが憎悪します。

こういったレントゲンに写らない腰痛は整形外科(病院)ではシップを貼ら

れて帰される可能性が高いです。

 

絆鍼灸整骨院では、骨盤矯正や筋膜調整によりしっかり

筋肉に対して痛みを軽減させる整体を行っています。

レントゲンに写らない腰痛でも寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院に

お任せ下さい!

 

●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●

[寝屋川市香里園 絆鍼灸整骨院]

骨盤整体・産後骨盤矯正・マタニティ整体・鍼灸治療

小顔矯正・交通事故治療ならお任せ下さい!

〒572-0085

大阪府寝屋川市香里新町3−2

☎072-831-5111

鍼灸治療

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

TOPへ戻る