足底筋膜炎(足底腱膜炎)

こんなお悩みありませんか?

  • 歩くと足の裏が痛くなる。
  • ランニングすると、かかとから足裏にかけて痛みが出る。
  • 立ち仕事が多く足裏に痛みが出やすい。
  • かかと周りが腫れてるように感じる。
  • かかとを打つと痛い。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)とは?|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

足底筋膜(足底腱膜)とは、足の裏の筋肉を覆っている足底筋膜とういところに疲労が溜まり不調が発生し、組織が損傷してしまうことによって、足底やかかとに痛みが起こることを言います。

足底筋膜(足底腱膜)は足の指からかかとまで付いている膜状組織なので損傷してしまうと足底やかかとにかけて痛みが起こりかかと周囲が腫れてくる場合もあります。

最初はかかとを強く打つと痛みが出る程度ですが、悪化すると走ったり歩くだけで痛くなり、更にひどくなると少し歩くだけで激痛が走るという方もいらっしゃいます。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)になりやすい人|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

足底筋膜(腱膜)は立っているだけで、体重がかかり続けるので、痛めてしまう方も多く、かつ痛くなるとなかなか治らないのが特徴です。

特になりやすい人の特徴として下記のような条件に当てはまる人あ多いです。

・陸上選手

・ジャンプ動作を繰り返すスポーツをしている(バスケットボール、バレーボール、ハンドボールなど)。

・裸足でのスポーツをしている(剣道、柔道、空手、エアロビクスなど)。

・太っている人。

・足が体型と比べて小さい人。

・外反母趾、偏平足、ハイアーチといった足裏に負担がかかる足の形をしている人。

・ハイヒールを履くことが多い。

など。

 

絆鍼灸整骨院の施術法とは?|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

足底筋膜炎(足底腱膜炎)はシップを貼ったり、自分自身で足裏をマッサージするくらいでは良くなりません。

なぜなら体重がかかり続けるので、その時少し軽減しても疲労速度の方が早いのでまたすぐに痛くなってしまいます。

また痛みを我慢していると、支えている膝や股関節などにも影響が出ることもあります。

絆鍼灸整骨院ではただ単に痛みが出ている足底やかかとだけを施術するのではなく、足底筋と関連するふくらはぎや、痛い方の足に体重がかかりにくいように骨盤や反対側の股関節も調整することにより、痛みが再発しにくいような施術をおこなっていきます。

足底筋膜炎(足底間膜炎)でお悩みの方は寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院にご相談下さい。

香里園 絆鍼灸整骨院へのお問い合わせ・ご予約はこちら

寝屋川市絆鍼灸整骨院
寝屋川市絆鍼灸整骨院WEB予約はこちら
TOPへ戻る


[免責]個人の感想です