自賠責保険が使える時と使えない時

こんなお悩みありませんか?

  • 交通事故に遭うと自賠責保険って使えるの?
  • 自動車の事故のときだけ適応されるの?
  • ひき逃げでも使えるのか?
  • 自損事故だとどうなるのか?
  • 加害者がケガしても使えるのか?

自賠責保険が使える時使えない時|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

交通事故に遭うと「自賠責保険」という言葉をよく耳にする方も多いと思います。

では交通事故に遭うと必ず自賠責保険が使えるのでしょうか?

自賠責保険とは被害者救済を目的として作られた強制加入の保険ですが必ずしも

使えるわけではありません。

ではどのような時に使えて、どのような時に使えないのでしょうか?

 

● 使えるとき

 ・対人賠償である。

 ・自賠責保険が有効である。(無免許運転など無効の場合がある)

 ・相手が自賠責保険に加入にている交通の乗用車である。

 (自転車同士の場合の時などは自賠責保険ではないので使えない)

 

● 使えないとき

 ・対物賠償である。

 ・自損事故など相手がいない事故である。

 ・ひき逃げなどで相手の所在が不明の場合。

 ・加害者で過失割合が100%の場合。

 

過失割合や状況により変わってくることもありますが、このような形で

使える時と使えない時があります。

絆鍼灸整骨院の交通事故治療とは?|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

交通事故はケースによって自賠責保険が使える時と使えない時があり、それに

よって治療期間や慰謝料なども異なります。

 

絆鍼灸整骨院では交通事故によって肩や腰が痛くなってしまったところを交通

事故に特化した整体により痛みの軽減をおこなっていくのはもちろんのこと、

交通事故の状況をまずお聞きして、自賠責保険が使えるのか、他の保険を使った

方が良いのかといったことを説明させていただいております。

 

交通事故に遭ってしまい、保険のことなど分からないことが

あればすぐに絆鍼灸整骨院にご相談下さい!

香里園 絆鍼灸整骨院へのお問い合わせ・ご予約はこちら

寝屋川市絆鍼灸整骨院
寝屋川市絆鍼灸整骨院WEB予約はこちら
TOPへ戻る