腱鞘炎

こんなお悩みありませんか?

  • 仕事でパソコンを使うので手首が痛い。
  • 子供の抱っこで痛くなってきた。
  • 重たい荷物を持つのと親指のところが痛い。
  • 手をついて捻ってしまった。
  • 手首から肘まで痛みが走る。

腱鞘炎とは?|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

腱鞘炎(けんしょうえん)とは手首や肘や足首などを動かしている腱の周りを包んでいる腱鞘という鞘(さや)に炎症が起きたものを言います。

特に腱鞘炎として多いのが手首の親指側に出ることが多く、ドゥケルバン病(狭窄性腱鞘炎)と呼ばれます。

症状としては動かすと痛みが増悪し、押さえても圧痛が出やすく、症状が強いと腫れてきます。

放っておくと手首だけでなく肘の方にまで痛みやだるさが出てくることもあります。

腱鞘炎の原因とは?|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

腱鞘炎になってしまう原因としてはほとんどが使いすぎによるものです。

デスクワークでパソコンを操作することが多かったり、物を運ぶことが多い、料理などで手を動かすことが多い、子供が小さくて抱っこするこcomputer_keyboard_hand_itaiとが多いといったきっかけがある人が挙げられます。

仕事や家庭の環境が変わらないかぎり、使い続けてしまうので、治りにくくむしろ悪化しやすいのが腱鞘炎です。

絆鍼灸整骨院の腱鞘炎の治療法とは?|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

腱鞘炎は強い痛みと炎症が起こっていることが多いので、患部を触りすぎると余計に悪化しやすくなります。

絆鍼灸整骨院では痛みが出ている患部はほとんど触らず、関連している筋肉や筋膜、ツボなどを使い施術していきます。

そうすることで、炎症や痛みの物質が流れ、痛みが軽減していきます。

また、痛みに特化した特殊な電気治療器もあるので、相乗効果によって痛みの暖和をしていきます。

腱鞘炎による痛みの治療は寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院におまかせ下さい!

香里園 絆鍼灸整骨院へのお問い合わせ・ご予約はこちら

寝屋川市絆鍼灸整骨院
寝屋川市絆鍼灸整骨院WEB予約はこちら
TOPへ戻る