脊柱管狭窄症

こんなお悩みありませんか?

  • 腰からお尻にかけて痛みがある。
  • 足にしびれがある。
  • 歩いていると脱力感がある。
  • しばらく休憩すると楽になる。
  • 腰を後ろに反らすと痛みが増す。

脊柱管狭窄症とは?|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

腰椎の内部の神経の通路である脊柱管というところが、種々の原因により狭くなることによって、神経や神経の枝が圧迫されてしまう状態をいいます。

脊柱管狭窄症は一つの疾患で起こることは少なく、加齢による骨や靭帯の変化、先々椎間板ヘルニアを持っていた、ホルモンバランスの崩れ、遺伝などの複数の要因が重なり起こります。

腰椎椎間板ヘルニアは20~30歳代に多いのが特徴ですが、この脊柱管狭窄症は50歳代以降に多いのが特徴になります。

脊柱管狭窄症の特徴とは?|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

脊柱管狭窄症の特徴としては立っている時の腰の痛みや殿部の痛み、歩行中の殿部や足の痛みや、しびれ・脱力感で200~300m歩いただけで辛くなり、しばし休憩するとまたしばらくは歩行が出来る(間欠性跛行という)というのが最大の特徴になります。kansetsutsuu_ashikubi

他には感覚障害、筋力低下、排尿障害を伴う方もいらっしゃいます。

絆鍼灸整骨院の治療法とは?|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

脊柱管狭窄症は腰をマッサージしたくらいではほとんど良くなりません。

なぜならこの脊椎菅というところは脊骨の内部にあるため、表面的な筋肉をマッサージしても原因部分には届かないからです。

絆鍼灸整骨院IMG_8423では骨格を整えていく絆式骨盤矯正や腰の対極に位置するお腹を使った腹部調整を行うことにより痛みを暖和していきます。

また脊椎管狭窄症になる方は筋力もかなり低下しているため、トレーニング指導も一緒におこなっていくので、痛みやしびれの緩和が見込めます。

 

骨盤矯正・骨格バランス整体

香里園 絆鍼灸整骨院へのお問い合わせ・ご予約はこちら

寝屋川市絆鍼灸整骨院
寝屋川市絆鍼灸整骨院WEB予約はこちら
TOPへ戻る


[免責]個人の感想です