胸郭出口症候群

こんなお悩みありませんか?

  • 肩から腕にかけて痛みがある。
  • 腕から手にかけてしびれがある。
  • 首や肩がこりやすく、頭痛が起こることもある。
  • 腕が冷えやすい。
  • めまいや吐き気が出ることがある。

胸郭出口症候群とは?|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

胸郭出口症候群とは鎖骨と第一肋骨により囲まれる狭い隙間で腕神経叢という腕や手指に行く、神経の束や血管が圧迫を受けてしまうことを言います。

胸郭出口症候群の症状としては、腕の痛みやしびれ、だるさが主な症状であり、首・肩こり、胸や背中のこり・だるさを訴える方も多いです。

それ以外にも腕に冷感を感じるチアノーゼや、顔面のしびれ、頭痛、めまい、吐き気といった自律神経症状や、電車の吊革を持っていると痛み・しびれが出やすかったり、握力が低下する方もいらっしゃいます。

胸郭出口症候群になりやすい人の特徴|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

胸郭出口症候群は3:1割合くらいで女性に多く、20~40歳代に起こりやすいとされています。02bad9bf6c13eec8accd1a8424dc1b3e

 

 

 

胸郭出口症候群になりやすい女性の体型の特徴としては、普通の体格かやせ型の人に多く、なで肩まる肩の方に起こりやすいのが特徴です。

なぜなら、やせ型やなで肩の人は首や肩の筋力が少ないので腕の重さで前下方に引っ張られるため腕神経叢が負担を受けやすいからです。

逆に男性の体型の特徴としては、首が短く筋肉質の方に起こりやすいのが特徴です。

なぜなら、首が短く筋肉が多いと筋肉によって神経が圧迫を受けてしまうからです。

胸郭出口症候群への治療法|寝屋川市 香里園 絆鍼灸整骨院

胸郭出口症候群は首や肩だけをマッサージしたり整体をしてもあまり良くなりません。

なぜならしびれや痛みを発生させている鎖骨周囲にある腕神経叢の圧迫を緩めないといけないからです。

当院ではまずどこの筋肉や骨格によって圧迫されているのかを検査して原因となっているところを探します。

そして首の矯正やなで肩・まる肩の改善をする矯正を行い、圧迫を緩めていきます。けれどそれだけではその時良くなっても、背骨を支えている骨盤のゆがみによってまた元に戻ってしまいます。

なのでまた元に戻りにくいように土台である骨盤にも整体を行うことによって背筋が伸び、正しい身体に整っていくのです。

胸郭出口症候群にお悩みの方は寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院へご相談下さい。

骨盤矯正・骨格バランス整体

 

香里園 絆鍼灸整骨院へのお問い合わせ・ご予約はこちら

寝屋川市絆鍼灸整骨院
寝屋川市絆鍼灸整骨院WEB予約はこちら
TOPへ戻る