ブログ

骨盤の構造と働き  【寝屋川市香里園 絆鍼灸整骨院】

投稿日|2015.06.17

こんにちは、寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院です。

今回は骨盤の構造と働きについて説明します。

 

骨盤とは、腸や子宮などの臓器を包み込んで守る

ように作られている骨のことです。

左右2つの寛骨と、仙骨から構成されています。

 

寛骨は左右の腸骨恥骨坐骨からなるものです。

骨盤前面部は恥骨結合、骨盤後面部は、仙腸関節

でつながっています。

 

骨盤の形状は成人において性差が現れます。

男性の骨盤は、高く狭いバケツ状であるのに対し、

女性の骨盤は、広くて浅いタライ状です。

 

骨盤は、骨盤内臓器(子宮、膀胱、直腸)を支えています。

骨盤は背骨の根本にあり、いわば骨格の中心となる部位です。

そのため、骨格のゆがみは骨盤に起因するといっても

過言ではありません。

骨盤がゆがんでしまうと姿勢が悪くなりゆがみが大きく

なってくると、体の各所の痛みやしびれなど、不快な

諸症状の原因にもなってしまいます。

 

骨盤の歪み、各所の痛みやしびれなどでお悩みの方は、

なるべく早く寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院へ、

お越し下さい。

●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~

[寝屋川市香里園    絆鍼灸整骨院]

骨盤整体・産後骨盤矯正・マタニティ整体・鍼灸治療

小顔矯正・交通事故治療ならお任せ下さい!

〒572-0084

大阪府寝屋川市香里南之町21-9ノアールメゾン香里1F

☎ 072-812-3752

寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院の公式サイト

寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院の小顔矯正サイト

※効果には個人差があります。体験談は個人の感想です。

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

TOPへ戻る