ブログ

警察が到着する前の示談はダメ

投稿日|2019.06.21

実際、警察を呼ばずに示談にしてしまう方が多いです。

示談とは交通事故で生じた損害の賠償額をいくらにするか、話し合いで決めることです。

知っている方もいるとは思いますが今回はなぜ、警察が来る前に示談してはいけないのかを詳しく解説していきます。

 

・事故原因となった過失がどちらにどれくらいあるのか明確ではない
事故直後は冷静な判断をするのが難しい。

・ケガや車の損傷状態が直後は不明瞭
事故直後は自分がどこに痛みがあるのか冷静に判断できないことが多い。
車の損傷も自分で傷を探すことが難しい。

・当事者同士で成立した示談の賠償額を保険会社は認めない
この金額で示談にしましょうと言われてもまずは警察を呼んでください。

 

一度、示談にしてしまうと原則としてやり直しできません。支払うべき、受けるべき損害賠償の金額も訂正できなくなりので、どちらかの不利益を生む結果になってしまいます。特に傷害事故の場合は、ケガの治療経過よって医師の診断を待ってから示談交渉を開始すべきです。間違っても、相手の都合で懇願されて物損事故にしてしまわないことも重要です。

 

○交渉は慎重に

明らかに自分が加害者の場合でも、必要以上の謝罪は控えましょう。過失割合の判定にも影響することがあるので、どちらに非があるのかなど、責任の所在を追求するような会話には注意した方がいいでしょう。
メモや念書のようなものも残さない方が賢明です。後に、事故の責任がこちらにないと判明しても、過失を認めた証拠とされてしまう場合があります。
警察を呼ばず示談を成立させてしまうと、事故証明書が交付されず、事故そのものがうやむやになってしまう恐れがあります。

 

▼交通事故専門ホームページはこちら
http://xn--h9ja5g3vp69ijea724dxhv17f4zutwydy2eeve146a.com/
交通事故・むちうち治療ならお任せ下さい☆
絆鍼灸整骨院
〒572-0085
大阪府寝屋川市香里新町3-2
072-831-5111
香里園駅徒歩4分、駐車場完備、キッズスペース完備

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

TOPへ戻る