ブログ

出産後の骨盤底筋群と腹筋の弱り①

投稿日|2019.06.1

こんにちは寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院です。

今回は【出産後の骨盤底筋群と腹筋の弱り】についての第一弾です。

 

産後、からだの筋肉の中で、意識的に修復をしていかなければならない

筋肉が二つあります。

それは骨盤底筋群と腹筋です。

出産時、赤ちゃんの産道を確保するために膣が大きく広がりますが、この

膣は骨盤底筋群を貫いています。

赤ちゃんが通るほどの大きさまで膣を広げるのですから、骨盤底筋群も損傷

してしまい、ゆるみを起こしてしまいます。

経膣出産だけではありません。

程度に違いはありますが、帝王切開でも骨盤底筋群はゆるんでしまうのです。

骨盤底筋群は、骨盤下口にあって骨盤内臓が落ちてしまわないようにハンモック

状に内臓を支えています。

普段から負担のかかりやすい場所なのですが、妊娠して臨月にもなると

お腹の中は普段よりも七~八キロも重くなります。

その重さに耐えている

のですから、帝王切開でも負担が少なくないことがおわかりいただけると

思います。

お問い合わせ・ご予約はこちら

TOPへ戻る