ブログ

ホルモンについての話|寝屋川市香里園 絆鍼灸整骨院|

投稿日|2017.12.19

今回はホルモンについて説明していきます。

 

ホルモンは、ギリシャ語で「刺激するもの」や「目覚めさせるもの」

という意味をもつ「ホルマオ」が語源となっています。その言葉通り、

「体の中の働きを刺激して起こす」という役割を持ち、

自律神経の働きや、免疫、代謝など、あらゆる身体の仕組みに深く

かかわっています。

 

ホルモンというと、男性ホルモンや女性ホルモンなどを思い浮かべる方も

多いかと思いますが、ホルモンはには多くの種類があり、その化学構造から、

大きく3つの種類に分けられます。

 

ステロイドホルモン

ステロイドホルモンは、肝臓などでつくられたコレステロールを原料としている

ホルモンです。ステロイドホルモンには、副腎皮質から分泌され体が受けた

ストレスに対し放出されるコルチゾールや、体液中の塩分の調節や血圧を

調節するアルドステロン、精巣から分泌される男性ホルモンや卵巣のから

分泌される女性ホルモンなどの性ホルモンがあります。

 

ペプチドホルモン

ペプチドホルモンは、タンパク質のもととなるアミノ酸が多数つながった構造で

形成されるホルモンです。視床下部、下垂体、膵臓、消化管から分泌されている

ホルモンの大部分はペプチドホルモンです。脳を覚醒し活動させる働きがある

甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンや、体の成長ホルモン、血糖値を下げる

インスリンなどさまざまなものがあります。

 

アミン型ホルモン

アミン型ホルモンは、アミンという化学基を持った構造のホルモンです。

快感ややる気の源であるドーパミンや、昼夜の生体リズムを調節する

メラトニン、エネルギー代謝を調節する甲状腺ホルモンがこれに当たります。

 

体内には、100種類以上のホルモンがあると言われ必要な時期に必要な量が

つくられて、決まった役割を果たすことで、私たちの体は正常に

保たれているのです。

その量が多すぎたり少なすぎたりしてホルモンの分泌バランスが

乱れてしまうと、身体の不調などの原因になるのです。

 

寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院ではホルモンバランスの崩れ、

自律神経の乱れに対する婦人科整体という整体施術もおこなっています。

おかしいと気づいたらすぐにご相談下さい。

 

●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●~*●

[寝屋川市香里園 絆鍼灸整骨院]

骨盤整体・産後骨盤矯正・マタニティ整体・鍼灸治療

小顔矯正・交通事故治療ならお任せ下さい!

〒572-0084

大阪府寝屋川市香里南之町21-9  ノアールメゾン香里1F

☎072-812-3752

寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院の公式サイト

寝屋川市香里園にある絆鍼灸整骨院の交通事故サイト

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

TOPへ戻る


[免責]個人の感想です